スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012ベストCD【邦楽編】

こんばんは、今年も残すところあと3日となりました。皆さん師走を如何お過ごしでしょうか。私は忙しすぎて少々イきかけました。

そんなこんなで今年の2012年の個人的なベストCDを決めましたので、購入の際のお役立てになればと思います。

今回は邦楽、洋楽、そして同人と各カテゴリー別に書いてます。(長いです)

※上半期ベストに選んだ作品は抜いてあります。
※私の個人的な趣向に基づいた選定となります。
※記事の前に8トラ設置してます。聞きながらだとより参考になるかもしれません。
※各カテゴリー10枚選出。
※LastFMとMetal Archivesを参考にしていますが、漏れやミス等あるかもしれません。
※バンド名/アルバムタイトル で書きます。
※記載順は関係ありません。


【邦楽】→8tracks
●SKYWINGS / GRACE GRADE(7.12)●
GRACE GRADE
大阪のメロスピ・パワーメタルバンドの2ndフル。
前作は既に廃盤になって現在入手困難になっている神盤。
その新作ということで、私の周りでも発売を待つ人が多かったですね。
目を瞑ればXのTOSHIと間違えそうなハイトーンVoとスピードチューン×クサメロが最大の武器。
前作よりも音質アップ、曲のクオリティも上がった印象。
しかし本人達は「V系なのかメタルなのか」定まってない様子(ユーストにて)。

オススメ度・・・6.5

●LIV MOON / Symphonic Moon●(1.18)
Symphonic Moon
東京 シンフォ、ゴシック、パワーメタルバンドの4thフル。
Voがハーフ、宝塚出身というパンチの効いた経歴を持つ。
日本版ナイトウィッシュとでも言えば伝わりやすいかもしれません。
オーケスティック且つ妖艶なメロディと美声に思わず惹きこまれそうになります。歌詞もエロい。→重要
Voの力強く、いかにもゴシック調な歌い方がたまりませんな。
実は今年1月にこのアルバムを発売、更に9月にもアルバムを発表と、かなりパワフルなバンド。

オススメ度・・・7

●Balflare / Downpour●(9.28)
Downpour.png
東京 メロスピバンドの4thフル。
前作から4年振りということもあって待ち望んでいた人も多いのでは?
聞けばわかりますがソナタとアクセンスターを混ぜたような洋楽に近い音になってます。
裏でキラキラしてるKeyがたまりませんなーーー。日本のバンドだけど北欧メタル聞いてるような感覚。
スピードチューンありミドルテンポありで退屈させません。
タイトル曲「Downpour」は聞いた瞬間鼻曲がりました。

オススメ度・・・6.5

●Dreamstoria / Dreamstoria●(9.26)
Dreamstoria.png
大阪? メロディアスハード1stフル。
Minstrelix等で活動するLeoFigaroがVo、ZARDやWANDSでギターを務めた綿貫 正顕がGt、なんかよくわからん経歴の内田 伸吾がDrの3ピース。
自分にとってLeoFigaro=必聴なので、当然購入をするつもりでいたのですが「メロハー」というジャンルに疎かったので少々不安がありました。
しかし発売前のトレーラーを聴いてフィガロ×HRの組み合わせに驚愕。
メロスピもいいけど、メロハーもいい!!!器用な人なんですかね。本人もずっとメロハーやりたかったようですし。
綺麗なメロにフィガロボイスが合う合う。ミンストはいいけどドリストはちょっと・・・っていう人にも是非オススメしたい1枚。

オススメ度・・・8

●Arbus / Yellow Scale -The Twist Of 2187x1000-●
6AA8951CEE4F43BA9BCA0D1A679A3B62.jpg
京都のカオティックハードコア。bilo'uとのスプリットCD。
3曲×3曲で、3曲目にはお互いをカバーし合った曲が収録されています。
一口にカオティックと言いますがArbusのそれはとても完成度が高くそして美しい。
強弱というか、陰と陽というか、ポップ×コアというか、特にポップな部分が最強。変拍子のファンタジスタ。
ライブに2回ほど行きましたが、最初見たときのそのステージングには強烈な印象を受けた覚えがあります。
思わず体を揺らしたくなる、いや揺らさざるをえない(言いすぎか?)
過去作2枚ありますが、そのどれよりも進化したこのSPはかなりオススメ。
Voの脱退が残念...

オススメ度・・・7.5

●Juno Bloodlust / The Lord Of Obsession●(8.1)
The Lord Of Obsession
愛媛のシンフォニックブラックメタル、1stフル。
前作の韓国のブラックメタルバンドらを含めた5スプリットが好評だった(らしい)。
私はそんなことも知らず「あ、ゼロ次元から新譜だーわーい」と言ってぽちってたんですがね。
よく分からないけどSummum Algorという外人らしき人がドラムを叩いているようです。
これぞ!ってかんじで爆走するドラムとギター+シンフォがよく絡んでとても気持ち良い。
ギターのザクザクした感じもとても好き。Vo.Juno Nittaの声も素晴らしいの一言。これからの作品に期待大な1枚。

オススメ度・・・7

●Infernal Necromancy / 光と闇 (Hikari to Yami)●(11.14)
光と闇 (Hikari to Yami)
名古屋のプリミティヴブラック。国産デプレッシヴブラックのKANASHIMIとのスプリット。
4曲×4曲。先行して無料配布だった「富嶽 - Fugaku -」が収録されています。
1996年から続いている息の長いバンド。
特筆すべきは「メロ」ですかね。このプリミティヴな音。叙情かつ悲哀すら感じさせるメロディーがグッとくる。
コード弾きのギターの裏でずっとメロを弾いてるギターがあって、それがとても心地良い。
ザクザクのトレモロリフがンギモヂてかんじです。
ブラックサクリファイスで見れて本当に感動しました。

オススメ度・・・8.5

●Mysterious Priestess / Swear Vengeance Agaist The God●(12.10)
ba364dc4.jpeg
東京?神奈川? メロデス1st。
フォロワーさんから教えて頂いたバンドなんですが、当時音源は無くyoutubeにライブ動画があるのみでした。
ユニオン先行発売で私はアマゾンで買いましたが、その当時のツイッターでの反響が凄かったのを覚えています。
メロデスはメロデスなんですが、ジャズっぽいフレーズを入れてみたり、時にはプログレっぽくなったり色んな表情が見れてとても面白い作品。
ただ、個人的にはもっとメロデス重視で激クサ曲作っていって欲しいナァーと願いますが。
今後の活動がとても楽しみなバンドです。

オススメ度・・・8

●THE CHERRY COKE$ / BLACK REVENGE●(7.4)
BLACK REVENGE 1
東京 アイリッシュパンク5thフル。
日本では少ないアイリッシュパンクスタイルのバンド。
某サッカーアニメの主題歌を務めた経歴や海外アイリッシュでは重鎮のFLOGGING MOLLYとの共演も経験アリ。
メロコア・パンクファンからの人気も高い。
過去作と比べると今作はアイリッシュテイストはそのままに、よりヘビーになった印象。
アイリッシュ+ヘビー=フォーク/ヴァイキング あ、あれ・・・?
さすがにそこまでいきませんが、是非そっちの層にも聞いてもらいたいバンド。
ボーカル、ドラム、ギター、ベースに加えアコーディオン、ティンホイッスル、マンドリン、バンジョー、ボーラン、サックス、トランペット、ブルースハープ等の楽器までも使い分けているようです。
アルバムは最初から最後まで激クサ(という表現はこのバンドには違う気もする)なので、正直捨て曲が全くない。
日本にはベルファストというヴァイキングメタルバンドがいますが、このバンドにも頑張ってもらいたいですな。

オススメ度・・・8.5

●Galneryus / ANGEL OF SALVATION●(10.10)
ガルネリ
大阪 ネオクラシカル、パワーメタルバンド8thフル。
ミニアルバム「絆」を挟んでのリリース。
すっかり小野さんのVoも定着しましたね。小野Voになってからの名曲チャーハンこと「Destiny」を超える曲こないかなーと思ってたら、すんげー曲がきちゃいました。
タイトル曲「ANGEL OF SALVATION」のPVが公開されてから何回聴いたことか...ツイッターでも話題になってましたね。
15分弱にもなる大曲がPVでは7分半。CDではどうなってんだオォイ!?と思ってたら予想の真上遥か天空でした。Syuのソロ何回あんだよ!耳が幸せ!
相変わらずSyuの作るフレーズは泣いてますね。脱帽。
ゲストに前述のLIV MOONのVoも参加したりと、もうお祭りですね。
他の曲たちも思わずファブリーズ片手じゃないと乗り切れないような曲ばかり(もう少しスピードチューン欲しかったなんて言わない聞こえない)
レコ発ライブも名古屋まで行って見てきましたが、あまりの演奏の勢いに首取れそうでした。
オリコンでも上位に食い込んだらしいです。小野さんも言ってましたが次相当プレッシャーだそうな。わくてかして待ってましょう!

オススメ度・・・9


洋楽・同人編は後日。
スポンサーサイト

Ancient Bards - Soulless Child

クサメタラーの皆さん、お待たせしました。


えんしぇんと


Bands...Ancient Bards
Title...Soulless Child(2011)
Songs...Gates Of Noland


ク・・・クサッ!なにこれクサッ!お母さーん!なんかコレめっちゃクサーーーーーーーーーーイ!!!!!

といわんばかりのクサメタル。

イタリアの6人組シンフォニックパワーメタルバンドの2nd。

正直1stで既に悶絶ものでしたが、2枚目もやってくれました。やったねたえちゃん!

もう最初からクサクサ、休める曲あるんでしょうか?ってくらいに息継ぎすら与えないクサメロの嵐。

7曲目に1:30の曲があり「ふぅ、ちょっと休憩...」と思ったのが間違いでした。

私を待っていたのは後ろに倒れるんじゃないかという位に勢いのあるクワイア、クワイア、クワイア・・・

彼らはそんな2分にも満たない曲ですら休ませない!!休む必要なんて最初から無かったんだ!!!

8曲目への繋ぎも神。

クワイア、キーボード、哀愁、ローマ(←?)、ドコドコ、全てを兼ね揃えた名盤と言っても過言ではありません。

私のフォロワー2人(ハードロッカー、ブラックメタラー)をも頷かせた奇跡の1枚、ここに有。

チェインメイルを身に纏い、右手に剣を、左手に盾を、背中には弓矢を装備し、馬に跨って広く果てしない草原を旅したくなるような作品。

クサメタルはちょっと・・・って人にも是非。



動画はこちら
曲はこちら

Blankfield - Fast Forward To End Of East

同人から1枚オススメ。

ぶらんくふぃーるど

Bands...Blankfield
Title...Fast Forward To End Of East(2009)
Songs...Last Remote


東方アレンジサークルBlankfieldの7曲入り2nd。

同人メタルコアの中では相当レベル高いんじゃないでしょうか。

スタッフ(ミックス)にミョンさんいるもんなぁ・・・



爆走エモーショナルメタルコア(HPより)だそうです。

うん、この展開がもうね。とてもね、うん。

ボーカル無し全曲インストですが、もう逆にボーカル無くていんじゃね?って作品です。

東方を知ってる人も、知らない人も楽しめるんじゃないでしょうか。

欲しいところでいいリフを突っ込んでくる、さすがです。一曲目は完全にAA辺りのピコリーモ意識したんだろうなぁw

裏で流れてるピコピコ音がたまらない・・・!!(一曲目に限らず)

全曲ドドドド・・・!って感じで突っ走る感じなので、車やチャリで飛ばしたいときはいいかも(ほじ

未だに即売会でも売ってるみたいです。700円と激安ですし、試しに買ってみるのもいいかも?

同人の良さは手軽に買える価格帯ですよねん

おすすめは1曲目と7曲目だす。

曲はこちら

Oh God, This Is Plague Of War - Ardor

メタラーの皆さん、お待たせしました(と言っても日本のバンドですが)

おうごっど


Bands...Oh God, This Is Plague Of War
Title...Ardor(2011)
Songs...Not Of Losing Myself

神戸出身5人組メタルコアバンド。Voは一人。

皆さんご存知、ラスベガスのライブを見に行った時に知ったバンドの一つ。

最初からやられました。少しクリーンが弱いかなーって感じですが(特にライブ)、

でもアンダーグラウンドの中でこういったバンドがいる、尚且つクオリティ高いってのがその時は感動しました。

その時は音質のクソ悪い2曲入りデモを出していて、帰ってから舐めるように聞いていました。



で、このアルバムです。

もうどこをとってもオーゴッドらしいというか気持ち良いというか。

デモの2曲も音質が向上し(リテイクでは無い?)、その他新曲全てが神曲。

私のニコ生をご覧の人は、よく放送で耳にしたことでしょう。

ゴリゴリのガテラル、高音スクリーム、へなちょこクリーン、そして『いかにも』なメタルコアリフが聞いていてたまらない1枚。(褒めてんだかけなしてんだか)

このアルバムを出した後にボーカルが脱退。しばらく活動休止でしたが、、、

なんと復活!!2/12@神戸KINGSCROSSのライブより復活だそうです。日曜なので行ってきます^^

Voがそのまま戻ったのか、新Voなのかは不明...誰か知ってたら教えて下さい。

このアルバムもセルフリリースだったので、レーベル加入が待ち遠しい、今後に期待のバンドです。

カミコベ来ないかな・・・


マイスペ・・・http://www.myspace.com/ogtpw

曲はこちら
プロフィール

むふろん

Author:むふろん
スペック
■名前 むふ
■年齢 26
■住所 関西
■性別 男
■職業 食品メーカーの営業
■所有CD枚数 3000枚くらい
■楽器 ベース、ギター
■音楽遍歴 青春パンク→メロコア→洋パンク・メロコア→エモ→インディーロック・ポストロック→メタル・スクリーモetc

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。